m3.com トップ > 臨床ニュース > 定期接種「特例」利用、1年で1233件

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

定期接種「特例」利用、1年で1233件 事由は「膠原病」、ワクチン別では「MR」が最多

2016年9月23日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患感染症

第16回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会(部会長:岡部信彦・川崎市健康安全研究所長)で9月16日、2015年1月から施行された改正予防接種法施行令の長期療養特例の利用は、2015年4月から今年3月末までに1233件に上ることが報告された。疾病分類別で最も多かったのは膠原病(214件)、次いで神経・筋疾患(190件)、慢性心疾患(187件)、悪性新生物(154件)、血液・免疫疾患(92件)。ワクチンの種別ではMRワクチンが478件と最多で、BCG(375件)、水痘(212...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞