m3.com トップ > 臨床ニュース > 運動でCVD患者の年間医療費2500ドル減【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

運動でCVD患者の年間医療費2500ドル減【米国心臓学会】 運動をする人は医療の支出額少ないと報告

米国心臓学会(AHA)が推奨するレベルの運動により心血管疾患があっても、年間医療費が最大2500ドル減少しうるとの研究結果が明らかになった。同学会が9月7日付のリリースでJournaloftheAmericanHeartAssociation誌の掲載論文を紹介した。同学会は心血管の健康維持に推奨される運動として1日当たり30分以上の中強度の有酸素運動を週5日、または1回当たり25分以上の高強度有酸素運動を週3日程度、あるいは両者の組み合わせを実施するよう推奨している。今回の検討では、2012年の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞