m3.com トップ > 臨床ニュース > 美容医療トラブルに警鐘、しわで1300万円も

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

美容医療トラブルに警鐘、しわで1300万円も 国民生活センター、60歳以上で支払高額化

2016年9月23日 国民生活センター  カテゴリ: 一般外科疾患皮膚疾患

国民生活センターはこのほど、60歳以上の女性で美容医療のトラブルが高額化しているとして注意喚起を発した。相談件数は2014年度をピークに減少しているものの、契約購入金額は右肩上がりで高額化しており、しわ取り注射で約1300万円を請求された事例もあるという。同センターは、厚生労働省に対し高齢者被害防止の観点からこうしたトラブルに対する十分な周知などを要望している。国民生活センターによると、美容医療サービスの契約当事者である60歳以上の相談件数は、2014年度の253件をピークに減少傾向にある。一方...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞