m3.com トップ > 臨床ニュース > 13機関が小児核医学の標準化を勧告【米国核分子イメージング学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

13機関が小児核医学の標準化を勧告【米国核分子イメージング学会】 成人との違い踏まえた対応求める

米国核分子イメージング学会(SNMMI)は9月6日、核医学グローバルイニシアチブ(NMGI)による小児核医学に関する初めてのプロジェクトの最終報告書を紹介。小児に対する放射性医薬品投与に関する国際基準策定に向けた複数の勧告を示した。同イニシアチブは13の国際機関により2012年に設立された。勧告作成に先立ち設立されたプロジェクトでは、小児向けの核医学の意義と実際、放射性医薬品の被曝による発がんリスクや線量測定モデルに関する評価を実施。成人と小児の放射線に対するか塗製はかなり異なることから、画像の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞