m3.com トップ > 臨床ニュース > ヒュミラが非感染性ぶどう膜炎で承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヒュミラが非感染性ぶどう膜炎で承認

2016年10月3日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: リウマチ眼科疾患投薬に関わる問題

アッヴィ合同会社とエーザイ株式会社は9月28日、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」(一般名:アダリムマブ(遺伝子組換え))について、既存治療で効果不十分な非感染性の中間部、後部または汎ぶどう膜炎に関する効能・効果の承認を取得したと発表した。今回の承認取得により、同剤は非感染性の中間部、後部または汎ぶどう膜炎に対し、原疾患を問わず使用可能な初めての生物学的製剤になるとしている。同剤は、アッヴィが製造販売し、エーザイが販売している。新たに承認を受けた非感染性ぶどう膜炎のほか、関...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞