m3.com トップ > 臨床ニュース > 禁煙30年後も遺伝子に「足跡」【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

禁煙30年後も遺伝子に「足跡」【米国心臓学会】 フラミンガム心臓研究含むゲノムコホートのメタ解析

2016年10月5日 米国学会短信  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

喫煙が遺伝子の活性化を制御する過程の1つであるDNAメチル化と呼ばれる「足跡」を残すことがゲノムコホートのメタ解析で明らかになった。既知のヒト遺伝子の3分の1に当たる7000種もの遺伝子で喫煙によるメチル化部位の影響が確認され、一部は禁煙30年後も残存していたとの結果も示されている。米国心臓学会(AHA)が9月20日、Circulation:CardiovascularGenetics誌の掲載論文を紹介した。研究グループは心臓と加齢に関するゲノムコホート(CHARGEコンソーシアム)の16グルー...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞