m3.com トップ > 臨床ニュース > 早産成人の腎は小さく、血圧も高い【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

早産成人の腎は小さく、血圧も高い【米国心臓学会】 正期産成人との比較検討

早産児は胎内での腎臓の発達期間が短縮するために、成人期に腎臓サイズの縮小や血圧の上昇が起こることを示唆する研究結果が明らかになった。在胎週数29週以前に出生した成人と正期産の成人80例の検討。米国心臓学会(AHA)がAmericanHeartAssociation’sCouncilonHypertension2016ScientificSessionsの発表予定演題を紹介した。研究グループによると、早産で出生した成人には必ずしも古典的な心疾患の危険因子は見られないことがあるが、高血圧やインスリン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞