m3.com トップ > 臨床ニュース > スキンバンクネットワークが活動再開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

スキンバンクネットワークが活動再開 東大組織バンクを活動拠点に10月から

2016年10月11日 日本熱傷学会  カテゴリ: 一般外科疾患皮膚疾患救急

日本熱傷学会はこのほど、2015年8月よりバンク活動を停止していたスキンバンクネットワーク(JSBN)が活動を再開すると発表した。今後の活動拠点は、東京大学医学部附属病院組織バンクとなる。東大組織バンクは、心臓弁・血管バンクとして日本組織移植学会の認定(カテゴリー1)を有している。今回、東大組織バンク部長の田村純人氏並びにスタッフの協力により、新たに皮膚バンクとしての認定バンク(カテゴリー1)を8月27日付けで取得。スキンバンク業務を行えるに至ったという。活動再開にあたり、まずは現在まで事務局で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞