m3.com トップ > 臨床ニュース > 上気道感染ない成人APをどう確認する【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

上気道感染ない成人APをどう確認する【研修最前線】
自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」Vol.6_3

蜂窩織炎後に次々と多彩な症状を呈し、診断に難渋した男性症例に、アナフィラクトイド紫斑病(AP)の可能性が浮かび上がった。大半は小児での発症、かつ上気道感染症後の発症が多いことで知られる疾患だが、50歳代の本症例でどのように確証を得るのか。自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント2年の斎藤優子氏の報告に、米国ワシントン州立大学(シアトル)名誉教授のWilfredYFujimoto氏が与えた示唆は。※本シリーズの実際のやりとりはすべて英語で行われています。過去の報告から浮かんだキーワー...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞