m3.com トップ > 臨床ニュース > 薬剤師の47%が残薬の一因「医師」に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

薬剤師の47%が残薬の一因「医師」に

2016年10月13日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患投薬に関わる問題

QLifeは、調剤薬局に勤務している薬剤師300人を対象に「残薬問題」に対する現場の薬剤師の見方を調査した。残薬は、治療が狙い通りに進まないリスクだけでなく、「医療費のムダ」にもつながるため、最近はマスコミからも社会問題として指摘されることが増えている。残薬問題は、薬剤師が積極介入すれば年間数百億円~3000億円以上の残薬削減効果が期待できる(平成27年度厚生労働科学特別研究、益山光一『医療保険財政への残薬の影響とその解消方策に関する研究』より)と言われている。調査の結果、残薬の原因として8割が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞