m3.com トップ > 臨床ニュース > 新生児聴覚スクリーニングの資料紹介

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新生児聴覚スクリーニングの資料紹介 耳鼻咽喉科学会が分娩取扱施設や新生児科向けに

日本耳鼻咽喉科学会はこのほど、「新生児聴覚スクリーニングの説明資料」と「新生児聴覚スクリーニングから1歳頃までの聴覚検査の流れ」を同学会ホームページに掲載した。新生児聴覚スクリーニングマニュアル(冊子)の作成に伴った対応で、分娩取扱施設や新生児科などに適切な患者説明の参考にするよう呼び掛けている。同冊子は耳鼻咽喉科医師によって作られ、分娩取扱施設や新生児科等において、実際に聴覚スクリーニングを行い、結果を説明する立場の医療者が読むことを想定している。精密聴力検査機関としての役割を担う耳鼻咽喉科に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞