m3.com トップ > 臨床ニュース > 腎動脈アブレーション、成功への条件【JSH 2016】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腎動脈アブレーション、成功への条件【JSH 2016】 Simplicity HTN-3の否定的結論から2年、見えてきた評価軸

2年前の大規模臨床試験(SimplicityHTN-3)で否定的な結論が発表されて以来、存在感を失っていた腎動脈内アブレーション術に、再評価の動きが出ている。仙台市で開かれた第39回日本高血圧学会総会(JSH2016、9月30日-10月2日)のシンポジウム「高血圧の先進治療」で講演した大阪南医療センター循環器疾患センター部長の奥山裕司氏は、HTN-3がネガティブな結果となった理由を考察。「かつての腎動脈内アブレーションへの期待は確かに過剰だったが、この治療が有効な患者はやはり存在する」とし、最新...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞