m3.com トップ > 臨床ニュース > C型肝炎治療GL改訂5.1版を公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

C型肝炎治療GL改訂5.1版を公表 新規抗ウイルス薬の市販後成績を記載

2016年10月19日 日本肝臓学会  カテゴリ: 消化器疾患感染症

日本肝臓学会はこのほど、「C型肝炎治療ガイドライン」の改訂第5.1版を学会ホームページ上で公開した。同学会ではC型肝炎に関して、各種新規抗ウイルス薬が発売されるたび、国内臨床試験の成績を基に治療推奨を作成、同ガイドラインを改訂してきた。今回の改訂第5.1版では、新規薬剤の追加はないものの、既存の各種新規抗ウイルス薬の有効性や安全性といった市販後成績をできる限り記載。治験段階では明らかにならなかった有効性に関する情報や、市販後調査で得られた注意すべき副作用の情報を追記し、近年使用頻度の減少したイン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞