m3.com トップ > 臨床ニュース > 潰瘍性腸疾患薬、実臨床でも有効

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

潰瘍性腸疾患薬、実臨床でも有効

2016年10月20日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

武田薬品工業株式会社は10月17日、中等度から重度の活動期潰瘍性大腸炎・クローン病に対する実臨床下でのvedolizumabの有効性および安全性に関するデータを発表した。この内容は、オーストリアのウィーンで10月16~19日に開催されている欧州消化器病学会週間において、「成人の潰瘍性大腸炎・クローン病患者に対するvedolizumabの実臨床下での有効性および安全性の系統的論文レビュー」という演題名にてポスタープレゼンテーションされた。今回のポスタープレゼンテーションは、2016年4月までに掲載...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞