m3.com トップ > 臨床ニュース > シリンジポンプ誤設定投与に警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

シリンジポンプ誤設定投与に警鐘 薬剤量・溶液量の確認徹底を呼びかけ

日本医療機能評価機構は10月17日、医療安全情報119号を公開し、シリンジポンプの薬剤量や溶液量の設定間違いについて注意喚起を行った。設定間違いにより、誤った流量で薬剤を投与した事例が、2013年1月1日-16年8月31日の間に3件報告されているという。シリンジポンプは薬剤量や溶液量などを入力すると、流量が自動で換算されるが、入力を間違えると設定上誤った濃度となり、意図しない流量で薬剤が投与されてしまう。薬剤量をひと桁少なく誤入力した事例では、予定されていた濃度の10分の1の濃度に設定され、予定...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞