m3.com トップ > 臨床ニュース > IgG4関連疾患、これだけは押さえる【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

IgG4関連疾患、これだけは押さえる【研修最前線】
自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」Vol.7_2

元気に過ごしているにも関わらず腹部大動脈解離疑いで入院した70歳代女性で、血清IgG4の異常高値が確認された。膵管や総胆管の狭窄もこれが原因となって生じている可能性が高い(右図)。多彩な臓器に影響が出るIgG4関連疾患で、確定診断のために行うべき検査は何か。自治医科大学附属さいたま医療センターから「たすきがけ」研修先のさいたま市民医療センターで本症例を経験したジュニアレジデント2年目、石川輝氏が解説。IgG4関連疾患、診断には悪性疾患の除外が必須石川内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)で総胆管...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞