m3.com トップ > 臨床ニュース > 相次ぐ小児のスポーク外傷に再警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

相次ぐ小児のスポーク外傷に再警鐘 自転車後輪に子供の足が巻き込まれる事故に再注意喚起

2016年10月26日 国民生活センター  カテゴリ: 小児科疾患一般外科疾患救急

国民生活センターは、小児の足が自転車の後輪に巻き込まれる事故が相次いでいるとして、同センターのホームページで注意を呼びかけている。自転車の後ろの幼児座席あるいは直接荷台に座っていた小児の足が後輪のスポークに巻き込まれて受傷する、いわゆる「スポーク外傷」については、2016年8月にも同センターで注意喚起を行っており、今回は新たに事例が追加されたことに伴う呼びかけ。医療機関ネットワークによると、8月の時点でスポーク外傷の事例は、過去5年間で172件報告されており、半数以上で通院が必要だったという。受...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞