m3.com トップ > 臨床ニュース > 高血圧と認知症、未解決問題解明なるか【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

高血圧と認知症、未解決問題解明なるか【米国心臓学会】 米学会が声明「特に中年期の高血圧が認知症に関連」

米国心臓学会(AHA)は10月10日、特に中年期の高血圧が、その後の認知機能障害リスクの上昇につながるとの声明を発表した。同学会によると、既に高血圧治療が高血圧による認知機能障害を抑制しうることが示唆されているが、十分なデザインの検討がないために声明では治療に踏み込んだ方針を示せなかった。しかし、現在新たな研究が始まっており、高血圧治療が認知機能障害を抑制するのかという未解決の問題が解決する可能性にも言及している。声明全文はHypertension誌に掲載された。同学会によると、世界の認知症人口...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞