m3.com トップ > 臨床ニュース > TMAO高値でPAD患者の死亡2.7倍【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

TMAO高値でPAD患者の死亡2.7倍【米国心臓学会】 赤肉や鶏卵などの代謝副生成物

赤肉や鶏卵摂取後の代謝副生成物トリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)の血中濃度が末梢動脈疾患(PAD)患者の死亡予測因子となる可能性が明らかになった。米国心臓学会(AHA)が10月19日、JournaloftheAmericanHeartassociation誌の掲載論文を紹介した。TMAOは、赤肉や玉子、加工肉食品を腸内細菌が分解する際に生成される代謝物質。先行研究では冠動脈狭窄や冠動脈疾患との関連が示されている。今回の検討では、米クリーブランドクリニックでPAD患者821例(平均66歳、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞