m3.com トップ > 臨床ニュース > 血行再建術後の服薬不良で予後悪化【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

血行再建術後の服薬不良で予後悪化【米国心臓学会】 服薬不良例にはPCIよりCABGの便益大きい可能性も

血行再建術後の冠動脈疾患患者を対象とした長期研究で、服薬コンプライアンスが悪い場合、イベントフリー生存率が低下すること、こうした患者では、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)よりも冠動脈バイパス術(CABG)によるベネフィットが大きいかもしれないとの成績が示された。米国心臓学会(AHA)が10月24日のCirculation誌掲載論文を紹介した。研究グループは2004年2月1日から7月31日にCABGを受けた患者973人、およびPCIを受けた患者2255人のデータを収集して12-18カ月追跡...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞