m3.com トップ > 臨床ニュース > 「悪性黒色腫薬物療法の手引」公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「悪性黒色腫薬物療法の手引」公開 諸外国GLを参考にフローチャート1枚に表記

2016年11月11日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 皮膚疾患投薬に関わる問題

日本皮膚科学会はこのほど、日本皮膚悪性腫瘍学会が作成した「悪性黒色腫薬物療法の手引」を同会ホームページで公開した。諸外国のメラノーマ診療に関するガイドラインを参考とし、国内で承認済みの薬剤に基づき、作成・記載。視覚的に理解しやすくするため、フローチャート1枚に表記し、付記で詳細を追加している。悪性黒色腫の治療は近年、新たな免疫療法である免疫チェックポイント阻害薬、低分子性分子標的薬であるBRAF阻害薬とMEK阻害薬の登場により、パラダイムシフトを迎えた。海外では、根治切除不能悪性黒色腫に対する治...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞