m3.com トップ > 臨床ニュース > 「5疾病5事業」にロコモ追加を

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「5疾病5事業」にロコモ追加を 丸毛啓史・日本整形外科学会理事長に聞く◆Vol.2

-2016年4月からは小学校から高等学校で実施すべき定期健診として、脊柱・胸郭,四肢,骨・関節に対する運動器検診が導入されました。こちらも整形外科領域では大きな動きでしょうか。ええ。これはいわゆる「小児版ロコモ度チェック」のようなもの。今の子供には、運動不足を原因とする体力や運動能力の低下と、過剰な運動によるスポーツ障害という問題の二極化が起きています。これまでの調査によると、国内小児の運動器疾患や障害の有症率は10-20%とも推定されています。整形外科医が特に問題視しているのは、野球肘などのス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞