m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗リウマチ薬MTXの誤投与に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗リウマチ薬MTXの誤投与に注意喚起 PMDA、「誤って連日服用」の事例紹介

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は11月15日、抗リウマチ薬メトトレキサート製剤(MTX)の誤投与(過剰投与)が後を絶たないとして、医療安全情報で注意喚起を発した。休薬期間が必要であるにもかかわらず、連日服用した事例も発生しているという。PMDAでは8年前に発出した同様の注意喚起にも触れたり、対策法を示したりして再発防止策の徹底を呼び掛けている。今回の医療安全情報に掲載された事例では、入院となった関節リウマチ(RA)患者が持参したMTXに服薬日時欄の記載がなかったため、看護師が連日配薬したとい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞