m3.com トップ > 臨床ニュース > 肺病変合併RAへのRTXで死亡減か【米国リウマチ学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

肺病変合併RAへのRTXで死亡減か【米国リウマチ学会】 ただし、現時点で「第一選択」とまでは言えず

頻度はまれだが、死亡リスクが上昇する関節リウマチ(RA)患者の肺病変合併に対し、リツキシマブ(RTX)による一次療法を行った場合、TNF阻害薬を使用した場合に比べ生存期間が延長する可能性を示唆する研究結果が発表された。米国リウマチ学会(ACR)は11月12日、年次学術集会の発表演題を紹介した。研究グループによると、RA患者の間質性肺炎(ILD)などの肺病変合併の頻度は低いが死亡率が上昇することが知られている他、RAに対する第一選択薬(メトトレキサート)が禁忌であるなど、治療が複雑であることが指摘...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞