m3.com トップ > 臨床ニュース > PAD指針、手術適応拡大など勧告【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

PAD指針、手術適応拡大など勧告【米国心臓学会】 AHA/ACCが合同GL改訂、受動喫煙防止の勧告も

米国心臓学会(AHA)と米国心臓病学会(ACC)は11月13日、末梢動脈疾患(PAD)に関する合同ガイドラインを発表した。2011年から5年ぶりの改訂。血行再建術の適応を最重症例から拡大した他、禁煙だけでなく受動喫煙の防止を求める勧告などが盛り込まれた。GL全文はCirculation誌、およびJournaloftheAmericanCollegeofCardiology誌に掲載される。PADに対する血行再建術は、足の血行障害による安静時疼痛や難治創傷を有する最重症例の下肢切断を避ける目的で実施...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞