m3.com トップ > 臨床ニュース > 中和剤で止血後の治療再開いつから

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

中和剤で止血後の治療再開いつから 使用が想定される診療科、今後登場予定の中和剤は

2016年11月28日 m3.com編集部  カテゴリ: 循環器疾患救急投薬に関わる問題

非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬/直接作用型経口抗凝固薬(NOAC/DOAC)の初の中和剤が登場した(関連記事)。今後もより広いスペクトラムを有する中和剤の登場も予定されている。一方、これらの薬剤は新規性の高さなどから、いずれも迅速審査など小規模な検討での承認が進んでおり、専門家の間では承認後の臨床第4相試験による実地臨床上の適応の整理や安全性の検証も必要との意見も出されている。現時点で同薬使用が想定される場面あるいは診療科は。国立病院機構九州医療センター脳血管・神経内科科長の矢坂正弘氏によると「緊...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞