m3.com トップ > 臨床ニュース > 痛風へのアロプリノールでCKD増えず【米国リウマチ学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

痛風へのアロプリノールでCKD増えず【米国リウマチ学会】 英家庭医の診療DB2万例超の解析

かかりつけ医による痛風患者へのアロプリノール使用は、慢性腎臓病(CKD)リスク上昇に関連しないとの研究結果が明らかになった。英国・家庭医の診療データベースの解析。米国リウマチ学会(ACR)が、11月12日、2016年ACR/ARHP年次総会の発表演題を紹介した。尿酸高値や高尿酸血症がCKDの発症に関連することが知られているが、医師はアロプリノールの副作用を恐れて過小治療となることがあると研究グループ。ベースラインの腎機能に異常のない高尿酸血症患者への同薬使用と腎機能低下の関連を調査した。TheH...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞