m3.com トップ > 臨床ニュース > 高齢運転者対策で学会が要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

高齢運転者対策で学会が要望 日本精神神経学会、改正道交法の施行に伴い

2016年11月30日 日本精神神経学会  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患

日本精神神経学会は11月28日、高齢運転者対策を含む改正道路交通法が2017年3月に施行されることを受け、警察庁に提出した要望書を学会ホームページで公表した。認知機能低下の際に起こしやすい違反があった場合などに行う認知機能検査の規定に「大きな問題」があると指摘、「認知症と危険な運転との因果関係は明らかでない」として、この問題に関しては検討会を立ち上げて交通安全と高齢者の生活に資する施策をあらためて採用するよう求めている。要望書は、2016年11月19日付で警察庁交通局の運転免許課長宛てに提出され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞