m3.com トップ > 臨床ニュース > 手術とGBSに関連か、最大7倍【米国神経学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

手術とGBSに関連か、最大7倍【米国神経学会】 GBS患者の後ろ向き研究、ただし全体的な発症は「きわめてまれ」

外科手術とギラン・バレー症候群(GBS)の関連を示唆する研究結果が明らかになった。特に癌患者や自己免疫性疾患患者でリスク上昇が大きかった。米国神経学会(AAN)が11月23日、NeurologyClinicalPractice誌の掲載論文を紹介した。研究グループは、メイヨークリニックで過去20年間にGBSの治療を受けた患者208例の医療記録を精査。全例の15%に当たり31例が、手術後8週間以内にGBSを発症した。特に癌や自己免疫疾患の患者では、手術後のGBS発症リスクが上昇。手術前6カ月以内に癌...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞