m3.com トップ > 臨床ニュース > H病類縁疾患診療GLでパブコメ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

H病類縁疾患診療GLでパブコメ 指定難病3疾患をクリニカルクエスチョンの対象に

日本小児外科学会は学会ホームページで、「ヒルシュスプルング病類縁疾患診療ガイドライン(案)」を紹介し、パブリックコメントを募集している。難治性疾患等政策研究事業の研究班がまとめたもので、ヒルシュスプルング病類縁(H病類縁)7疾患には、指定難病に認定されている3疾患が含まれる。意見募集の締め切りは2016年12月31日で、同研究班が専用フォームより受け付けている。先天的な腸管の神経節細胞欠如が原因のヒルシュスプルング病は診断と治療法が確立されているが、直腸に神経節細胞を認めるにもかかわらず、ヒルシ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞