m3.com トップ > 臨床ニュース > 認知症患者の運転中止に医師は無力?! 【JSDR 2016】(2016.12.14訂正)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

認知症患者の運転中止に医師は無力?! 【JSDR 2016】(2016.12.14訂正) 2017年春、改正道交法でさらに変わる認知症の取扱い◆Vol. 2

2016年12月14日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

医師や患者家族が認知症患者に運転中止や運転免許の返納を説得する機会は、今後ますます増えていくと見られる。大阪大学大学院医学系研究科精神医学講座教授の池田学氏は、国立長寿医療研究センター長寿政策科学研究部長の荒井由美子氏の研究班に参加し、2010年に「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル」を作成。2016年4月には第2版を公開した。患者の支援には、もちろん医師の関わりも重視されるが、認知症患者や家族に繰り返し丁寧に運転中止を説得してきた池田氏による自験例の「成果」とは。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞