m3.com トップ > 臨床ニュース > まさかのCT所見、遠回りの何故【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

まさかのCT所見、遠回りの何故【研修最前線】 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」Vol.10_2

2016年12月14日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

主訴と合致する所見がない――。自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント1年目の浅野絢氏らは、「全身に力が入らない」と訴える80歳代男性への次の一手が分からず困り果てていた。そこにトイレの申し出があり、立たせてみたところ体幹失調を認めた。撮影した頭部CT画像に写っていたまさかの所見とは。トイレの申し出で判明した体幹失調!浅野次の一手をどうしたら良いのか。私たちが困り果てていた時、患者さんから「トイレに行きたい」との申し出がありました。「歩けるならば帰れるかもしれない。立たせてみよう」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞