m3.com トップ > 臨床ニュース > 無資格人工妊娠中絶報道で声明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

無資格人工妊娠中絶報道で声明 日本産婦人科医会、非指定医の施行条件の再確認求める

2016年12月16日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患

日本産婦人科医会は12月12日、無資格者による人工妊娠中絶の報道に関して声明を発した。東京都内の病院で、母体保護法指定医の資格を持たない医師が人工妊娠中絶手術を行った女性が死亡したとの報道の事実確認について「鋭意調査中」としているが、「指定医は人工妊娠中絶ができる」と定めた母体保護法14条を再確認し、非指定医が人工妊娠中絶を施行できるケースは限られた条件を満たす場合であるとの認識を示している。日本産婦人科医会は声明の中で、母体保護法指定医の資格を持たない医師によって人工妊娠中絶手術が行われたとの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞