m3.com トップ > 臨床ニュース > 腹腔鏡手術の侵襲性どうとらえる?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腹腔鏡手術の侵襲性どうとらえる? m3.com意識調査「腹腔鏡は本当に低侵襲と言えるか」Vol.1

2016年12月26日 m3.com意識調査  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

m3.com意識調査「腹腔鏡は本当に低侵襲と言えるか」で、m3.com会員医師に腹腔鏡手術の侵襲性について「侵襲は高い」「侵襲は低い」「どちらとも言えない」の3択で尋ねたところ、実際に腹腔鏡手術を行っているとした531人での回答割合は、それぞれ15.4%、47.8%、36.7%だった。また、術野確保のアプローチについて気腹法と腹壁吊り上げ法のどちらを採用しているか尋ねたところ、「すべて」もしくは「おもに」気腹法を選んでいる医師が87.8%に上った。※調査は2016年11月30日から12月6日にm...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞