m3.com トップ > 臨床ニュース > 腹腔鏡と開腹、双方の習得求める声も

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腹腔鏡と開腹、双方の習得求める声も m3.com意識調査「腹腔鏡は本当に低侵襲と言えるか」Vol.2

2016年12月28日 m3.com意識調査  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

Q1.「腹腔鏡による手術は、本当に低侵襲と言えるとお考えですか?」の質問で選択した回答の理由をお教えください。(自由回答)「侵襲は高い」直視下でなく視野が狭いのでかなりのトレーニングした上で行わないと再開腹手術の頻度が高い。【産婦人科勤務医】未熟な手技で長時間全身麻酔下に侵襲を加えれば、決して低侵襲ではありません。【消化器科勤務医】死亡例がしばしば見られるように、予測外の出血に対して(開腹手術と比較して)対処しにくいから。【腎・泌尿器科勤務医】「侵襲は低い」腹腔内はともかく、皮切は小さいから。【...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞