m3.com トップ > 臨床ニュース > 3Dプリント腎ファントムで線量評価【米国核医学分子イメージング学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

3Dプリント腎ファントムで線量評価【米国核医学分子イメージング学会】 新生児から成人相当の4サイズで検討

2017年1月5日 米国学会短信  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患その他

核医学では放射線被曝を最小限に抑え、十分な画質を確保することが重視される。多くの放射性医薬品に曝露される可能性の高い腎臓に焦点を当て、3Dプリンタで作成した様々なサイズや形状の臓器モデルが放射性物質の至適用量決定に非常に役立つ可能性を示した検討が報告された。米国核医学分子イメージング学会(SNMMI)が12月5日、JournalofNuclearMedicine誌12月号の掲載論文を紹介した。研究グループは3Dプリンタによる腎ファントムモデルをSPECT/CTによる腎検査に応用可能かを検討。組織...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

腎・泌尿器疾患

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞