m3.com トップ > 臨床ニュース > 人工乳房再建で関連合併症増【米国癌学会】(2017.1.10訂正)

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

人工乳房再建で関連合併症増【米国癌学会】(2017.1.10訂正) 大規模コホート研究MROCの解析、自家再建術では差なし

2017年1月6日 米国学会短信  カテゴリ: 一般外科疾患

インプラントによる乳房再建術を受けた乳房切除後患者は放射線治療後の合併症リスクが上昇することが明らかになった。米国の大規模多施設前向きコホート研究MastectomyReconstructionOutcomesConsortium(MROC)の解析。米国癌学会(AACR)が12月8日、サンアントニオ乳癌シンポジウムの発表演題を紹介した。研究グループはMROC研究に参加した乳房全摘後に放射線治療を受けた群(放射線治療群)553例と同治療を受けなかった群(非放射線治療群)1461例の医療記録と、患者...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞