m3.com トップ > 臨床ニュース > GLP1RAとSGLT2の2剤「死亡減」で勧告【米国糖尿病学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

GLP1RAとSGLT2の2剤「死亡減」で勧告【米国糖尿病学会】 ADA、2017年標準治療指針を発表(2)

2017年1月10日 米国学会短信  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患

米国糖尿病学会(ADA)は12月15日、2017年の標準治療指針(2017StandardsofMedicalCareinDiabetes)を発表した。高血圧合併患者の第一選択降圧薬を4種いずれも使用可能とした他、LEADER試験、EMPA-REGOUTCOME試験で心血管予後改善の成績を示したGLP-1受容体作動薬リラグルチドとSGLT-2阻害薬エンパグリフロジンを「心血管高リスク例への投与を考慮する」勧告が盛り込まれた。また、同国内でのインスリンなどの薬剤費上昇を受け、患者の懸念を軽減する目...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞