m3.com トップ > 臨床ニュース > 総合診療専門医、専門分化へのアンチテーゼ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

総合診療専門医、専門分化へのアンチテーゼ 丸山泉・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆Vol.2

――いまだにプライマリ・ケアとは何か、あるいはその必要性について、関係者の認識や理解がまだ進んでいないことも、関係者の混乱を招いている一因かと思います。それは私にとっては、比較的簡単に説明できることです。医学・医療の進歩、あるいは社会システムの進歩と言っていいかもしれませんが、今までは常に専門性を求めて分化してきたわけです。小さく、細かく、深く落とし込んでいくことが、「いいこと」とされていた。プライマリ・ケアの強化は、そのアンチテーゼのようなものです。医療のフラグメンテーション化(断片化)が、国...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞