m3.com トップ > 臨床ニュース > HPV接種報道前に「海外学会行って」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HPV接種報道前に「海外学会行って」 藤井知行・日本産科婦人科学会理事長に聞く◆Vol. 3

――その他に産婦人科領域で重要な動きはありますか。以前から継続しているヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの啓発活動ですね。これまでもいろいろと勧奨再開に向けた声明を出してきましたが、今後も日本産婦人科医会と共同で、医師向けに企業の後援なしでのHPVに関するセミナーを開催していく予定です。――HPVワクチンは、2013年から厚生労働省が「定期接種は可能だが、積極的勧奨を差し控える」という複雑な見解を示したままになっています。これについては色々と世の中の動きがあるので、経過を見守っているところ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞