m3.com トップ > 臨床ニュース > 自閉症児は「黄色」が苦手

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

自閉症児は「黄色」が苦手

2017年1月10日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患

京都大学は2016年12月26日、自閉症スペクトラム障害(ASD)児は黄色が苦手で緑色を好む傾向があることがわかったと発表した。この研究は同大学霊長類研究所の正高信男教授とマリン・グランドジョージレンヌ第一大学講師らの研究チームによるもの。研究成果はスイス学術誌「FrontierinPsychology」に掲載されている。ASDでは、相互的な対人関係が苦手、興味関心が限られているといった症状が現れるが、その一因として障害に伴う知覚過敏があると考えられている。今回、同研究グループは知覚過敏の中でも...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞