m3.com トップ > 臨床ニュース > 浅大腿動脈ステント管理委を設立

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

浅大腿動脈ステント管理委を設立 日本血管外科学会、症候性末梢動脈疾患治療適応のステントグラフト承認受け

日本血管外科学会はこのほど、浅大腿動脈ステントグラフトグラフト実施基準(SFASG)管理委員会を設立したと発表した。浅大腿動脈における症候性末梢動脈疾患治療の適応を有する日本ゴア社のステントグラフト「バイアバーン」が、2016年に薬事承認されたことを受けての措置で、日本脈管学会、日本インターべンショナルラジオロジー学会、日本心血管インターベンション治療学会とともに立ち上げた。同委員会ホームページでは、希望者には実施施設や実施医を申請するよう呼び掛けている。関連リンク浅大腿動脈ステントグラフトグラ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞