m3.com トップ > 臨床ニュース > 脂肪肝発症の新機序を解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脂肪肝発症の新機序を解明

2017年1月11日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患

東北大学は1月4日、高脂肪食の過剰摂取に起因する脂肪肝発症メカニズムを解明したと発表した。この研究は、同大大学院歯学研究科先端再生医学研究センターの犬塚博之准教授らのグループが、米国のBethIsraelDeaconessMedicalCenter,HarvardMedicalSchoolと共同で行ったもの。研究成果は、米科学雑誌「ScienceSignaling」電子版に1月3日付けで掲載されている。食生活の欧米化に伴い、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は年々増加。NAFLDは先進国で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞