m3.com トップ > 臨床ニュース > 性分化疾患の診断と治療テキスト公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

性分化疾患の診断と治療テキスト公開 基礎から成人期予後までの7章構成をウェブ版で

日本小児内分泌学会は学会ホームページ上で、ウェブテキスト「性分化疾患の診断と治療」を公開した。同テキストは、診断・治療の実践の際に利用するための資料で、定義や分類など性分化疾患の基礎的な知識から診断の手順、成人期の予後まで7章構成で解説を加えている。同学会性分化・副腎疾患委員会ではこれまでに、「性分化疾患診療の手引き」として、ガイドラインに準じた「初期対応の手引き」「小児期対応の手引き」を作成してきた。今回公開したウェブテキストは、これまでの「診療の手引き」との併用が推奨されるという。外性器異常...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞