m3.com トップ > 臨床ニュース > 溶接時のMn曝露でパーキンソニズム【米国神経学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

溶接時のMn曝露でパーキンソニズム【米国神経学会】 規制値未満の曝露でも発症

金属溶接などに用いられるマンガンに多く曝露する溶接工は、その曝露期間や量が上昇するほどパーキンソン様症状を発症する可能性があるとの研究結果が明らかになった。米国神経学会(AAN)が12月28日、Neurology誌2016年12月28日オンライン版の掲載論文を紹介した。研究グループによると、溶接とパーキンソン様症状の関連はこれまでにも指摘されている。今回の研究には、米国中西部の造船所2カ所、重機工場1カ所で働く労働者886人が参加した。試験開始時に運動障害を専門とする神経内科専門医による検査を実...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞