m3.com トップ > 臨床ニュース > 試験管内で「ミニ腸」作製に成功

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

試験管内で「ミニ腸」作製に成功

2017年1月18日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患その他

国立成育医療研究センターは1月12日、試験管内でヒトES細胞から、蠕動様運動、吸収や分泌能などのヒト腸管の機能を有する立体腸管の創成に世界で初めて成功したと発表した。この研究は同センター再生医療センター阿久津英憲生殖医療研究部長、梅澤明弘センター長のグループと臓器移植センター笠原群生センター長を中心とした研究グループによるもの。研究成果は「JCIinsight」に同日付けで掲載されている。ヒトES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞を用いた再生医療が注目を集めているが、近年では複雑な組織構造をもつ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞