m3.com トップ > 臨床ニュース > 心・腎移植後のHEV感染で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

心・腎移植後のHEV感染で注意喚起 AMED全国調査の中間報告を受け

日本臨床腎移植学会はこのほど、腎臓移植後患者と心臓移植後患者でE型肝炎ウイルス(HEV)のウイルス陽性率またはIgG抗体陽性率が高いとして厚生労働省がまとめた注意喚起文を学会ホームページに掲載した。全国調査の中間報告が日本医療研究開発機構(AMED)から出たことを受けたもの。肝臓移植後患者における移植時HEV感染の慢性肝炎発症例については、これまでも注意喚起がなされていたが、あらためて臓器移植患者でのHEV感染の可能性について考慮するよう呼びかけている。今回の報告は、AMED肝炎等克服実用化研究...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞