m3.com トップ > 臨床ニュース > 脱毛レーザ機器で適正使用の注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脱毛レーザ機器で適正使用の注意喚起 不適切な使用で熱傷や色素沈着過度などの合併症リスク

2017年1月23日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 一般外科疾患皮膚疾患その他

日本皮膚科学会はこのほど、脱毛用レーザ医療機器の「アレキサンドライトレーザ」(商品名:ロングパルスアレキサンドライトレーザGentleLasePro)が2016年12月15日付で承認されたことを受け、合併症のリスクに関する厚生労働省の注意喚起文を学会ホームページに掲載した。同機器は不適切に使用すると合併症のリスクがあることから、承認条件が付されている。アレキサンドライトレーザは、レーザの選択的熱作用によって長期的な減毛を目的とした装置。不適切に使用した場合に、熱傷や色素沈着過度などの合併症のリス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞