m3.com トップ > 臨床ニュース > 脱感作、減感作、負荷試験の違いは?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脱感作、減感作、負荷試験の違いは? 薬物アレルギーへの対応◆Vol. 3

薬物アレルギーを発症した原因薬は被疑薬も含め、生涯にわたり使用を避けるのが一般的だ。しかし、一部の患者や特定の薬剤では疾患の治療に不可欠な場面があり、脱感作が考慮されることがある。他にも「アレルギー患者に対して原因薬・原因抗原をあえて投与することもあり得る」と話す帝京大学内科学講座呼吸器・アレルギー学教授の山口正雄氏。最近、日本でもスギ花粉症やダニアレルギーの新たな治療として舌下薬が導入された減感作療法(アレルゲン免疫療法)とはどのように違うのか。そして脱感作とチャレンジテストの違いは。山口氏は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞