m3.com トップ > 臨床ニュース > 無症候性高尿酸血症で尿酸値を積極的に下げる訳

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

無症候性高尿酸血症で尿酸値を積極的に下げる訳 m3.com意識調査「尿酸高値、痛風なくても下げる?」Vol.2

Q.「尿酸値が7.0mg/dL以上9.0mg/dL未満の場合、無症候性でも積極的に下げますか?」の質問で選んだ回答の理由を教えてください。【自由回答】「薬物療法で積極的に下げる」経験的な判断です。チャンスの方では、生活指導をもちろんしています。しかし、痛い目に何度か遭わないと内服は続きません。【循環器科開業医】発作が起きてからでは、尿酸値を下げることで発作を誘発する事があるから。【内科開業医】尿酸値高値の人は6mg/dL以下に下げます。今までの経験で心筋梗塞の再発例は圧倒的に高尿酸血症が多いです...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞